冷却


彼氏にフラれて1ヶ月。
冷却期間を置こうと言われたけど…
寂しくて我慢できない!
もう復縁を迫ってもいいのかな?

1ヶ月で復縁のアクションを起こすには、
まだ早すぎる可能性があります。
冷却期間は3ヶ月~半年がベストと言われていて、
焦って復縁してしまうとまたすぐに
お別れという事にもなりかねません。



【3ヶ月】
冷却期間の目安の1つ目は、別れてから3ヶ月です。
特に、付き合っている時によく話し合っていたり、
突然の出来事で別れてしまった場合であれば、
冷却期間が3ヶ月でも問題ありません。
しかし、どちらかと言うとレアなケースでもあるため、
関係を振り返ってから慎重に判断してください。

ポイントとしては、お互いが前向きに話し合えるか、
強く反省しているかどうかを確認しましょう。
本来であればもう少し期間を置いたほうが良いですが、
喧嘩や衝突をしながらも関係を
良くしていこうと思っているのであれば大丈夫でしょう。


【半年】
もう1つの目安としては、半年前後が挙げられます。
多少別れるときに揉めた場合でも、
半年ほど冷却期間を置けば嫌な記憶も少しは薄れています。
また、気持が落ち着いてくる時期でもあるので、
よりを戻す時にも落ち着いて話せるようになります。

今は辛い気持ちでいっぱいかもしれませんが、
数ヶ月後の幸せのためにも頑張ってみてはいかがでしょうか?


【自分の気持が落ち着いたタイミング】

恋愛は人と人の気持ちのやり取りなので、
どのくらいがベストとは一概に言えません。
傾向として、半年ほどが良いと言われていますが、
全てのカップルには当てはまらないので
自分の気持ちと相談してみましょう。

どのくらいが良いのか迷っている方は、
自分の気持が落ち着いて準備ができたタイミングを
目安にしてはいかがでしょうか?
1ヶ月でも我慢できないと思っているのであれば、
まだまだ気持が落ち着いているとは言えません。

寂しさを感じながらも、
前向きに元恋人と一緒に居れたらいいと思えるまでを
冷却期間にしてみるのも良いかもしれません。
大切なのは冷却期間はどのくらいがベストかではなく、
今後の2人が良い関係を築けるかどうかです。






冷却期間開始から1ヶ月、
おそらく一番寂しい時期かとは思います。
思わず連絡してしまいたくなる方も多いでしょう。
しかし、今後の関係を考えると、
冷却期間をもう少し置いたほうが良い場合が多いです。
まずは焦らずに、自分の心や身体を休ませて
元気になるまでゆっくり過ごしましょう!

そして、余裕が出てきたときに自分がどうしたいか、
再び付き合うためにはどこを改善したいかを
考えるようにしてみてください。
辛く寂しい冷却期間ですが、
有意義に過ごせると復縁の確率もグッと上がります。
無理をしないで、ゆったりと構えて
今後の準備をしていきましょう!